一般財団法人地方競馬共済会

ごあいさつ

 地方競馬共済会は平成25年4月1日から一般財団法人へ移行いたしました。当共済会は、地方競馬の調教師、調教師補佐、騎手及び厩務員並びにその遺族の生活の安定と福祉の増進を図り、地方競馬の公正な運営とその健全な発展に資するための事業を行っております。事業内容は、障害給付、入院給付、遺族給付、脱会給付、特別給付など多岐にわたっております。
 地方競馬は日本経済の不安定、国民のレジャーの多様化等により、先行きが見通せない厳しい状況にありますが、関係者はこれらを十分に認識し、この難局を乗り越えるべく、競馬の活性化にむけてなお一層積極的な取組をしているところであります。
 当共済会は、共済会員、地方競馬主催者、地方競馬全国協会と連携し、競馬関係者の生活の安定と福祉の増進に力を注ぎ、会員の皆様のお役に立ちたいと考えておりますので、より一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

               理事長  塚田 修